川俣町 地域おこし協力隊 募集

ちょうどいい田舎暮らし×新たな挑戦!
まちの産業の担い手となり、地域を盛りあげたい方募集!

福島県川俣町は福島駅から車で約30分の距離にあり、
豊かな里山と清流に囲まれた自然あふれる町です。
現在、地域おこし協力隊としてまちを盛り上げてくれる方を募集中です!

地域おこし協力隊って!?

地域おこし協力隊は実際にその地域に住み、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこし支援や、農林水産業への従事、住民支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取組です。
地域おこし協力隊として3年間報奨費を受け取りながら活動していただきます。この3年間の中で事業開発、既存事業の安定化等に挑戦をしていただき、卒業後は事業活動の中心人物の一人として継続活動いただくことを期待しています。

川俣町では企業研修型、雇用型、起業・個人事業主型の地域おこし協力隊を募集しています。

①企業研修型とは
地域活性に紐づく事業を行う事業者の元でノウハウを学び、4年目以降独立し地元産業の継承等を目指します。
②雇用型とは
受入先企業に雇用され、経営幹部候補や従業員として活動します。4年目以降には、受入先企業の後継者や経営幹部の一人として、事業活動の継続を目指します。
③起業・個人事業主型とは
3年間自治体から報酬を受け取りながら、起業もしくは個人事業主として事業開発し活動します。4年目以降には、川俣町をメインの拠点に事業活動継続や事業拡大等を目指します。

かわまたまちって
どんなとこ!?

川俣町は、県庁所在地の福島市から車で約30分の距離にある、阿武隈山地西斜面の丘陵地帯に位置している町です。古くは江戸城御用達の川俣絹を生産し、明治から昭和にかけて当時の輪出花形商品である「羽二重」を織り出すなど、絹織物が盛んな地域としても知られています。その他にも花卉 (かき) の栽培や川俣シャモ等の一次産業も盛んです。また、全国・世界から参加者が集まる国内最大級のフォルクローレの音楽祭「コスキン・エン・ハポン」の開催地であったりと、たくさんの魅力に溢れています。

  • 川俣シルク川俣シルク
  • 川俣シャモ川俣シャモ
  • トルコギキョウトルコギキョウ
  • アンスリウムアンスリウム

↓ 川俣町についての詳細はこちら ↓

募集ポジション

  • 【雇用型】伝統工芸品「川俣シルク」を支える!

    日本を代表する伝統工芸品「川俣シルク」。「有限会社紺野機業場」は川俣町で唯一100年前と変わらぬ姿勢で生地作りに取り組んでいます。先人たちが紡いできた知恵と技術に触れ、学び、継承していく、そんな仕事に取り組んでみませんか?製品開発〜販売まで、川俣シルクの継承取り組むチャレンジャーを募集します!

  • 【企業研修型】花卉栽培で就農 × ビジネスに取り組む!

    福島の自然と農家の技術で育まれる名花「トルコギキョウ」。「あぶくまカットフラワーグループ」は花卉栽培において日本有数のグループです。そんなトップ集団の知識と技術を学びながら就農を目指してみませんか?
    想いを込めて栽培した「美しい花」で生計を立てながら、自分なりのライフスタイルを確立することも可能です!

  • 【雇用型】地場産品「川俣シャモ」を盛り上げる!

    川俣町の新たな名産になりつつある「川俣シャモ」。「川俣町農業振興公社」は、川俣シャモを全国に広めるために、飼育〜販売までを行っています。東京の名店でも扱われる名ブランドではあるものの、まだまだ市場に出回っていない可能性に満ちた食材。製造・営業分野で一緒に全国に広めてくれる仲間を募集します!

  • 【企業研修型】「山木屋地区」で持続可能なコミュニティを作る!

    東日本大震災の影響により川俣町唯一の避難区域となった「山木屋地区」。避難区域解除後、ふるさとに戻ってきた住民の方が立ち上げたのが「NPOやまきやお気軽ネットワーク」です。
    都会にはない豊かな魅力が溢れるこの地区で、持続可能なコミュニティ作りにチャレンジしてみませんか?

  • 【起業・個人事業主型】「川俣シャモ」で起業を目指す!

    川俣が誇る地場産品「川俣シャモ」。全国の名店への卸しや、セレクトショップでの販売実績などその魅力は確かなものながら、まだ全国に広まっていない今、必要なのは「アイデア」です!
    生産、加工、飲食、流通など「川俣シャモ」を活用し地域を盛り上げるビジネスアイデアをお待ちしています!

    ※募集終了いたしました

協力隊紹介

  • 【起業・個人事業主型】佐原 孝兵さん

    東京都出身。映像制作会社で経験を積み、フリーランスの映像クリエイターとして活動中の佐原さん。川俣町では、まちの人やまちの伝統文化題材としたドキュメンタリー映像の制作を主に活動しています。これまで培ってきた映像制作技術を活かし、川俣町ならではの魅力を表現していきます。映像を通じて川俣町と人々を繋ぎ、交流人口、関係人口、新規移住者獲得を目指します。

  • 【起業・個人事業主型】小山 加奈さん

    福島県須賀川市出身。桶職人・和箒職人・フォトグラファーとして活動している小山さん。川俣町には、全国に数名しかいない桶職人の大先輩がいらっしゃり、「鴫原風呂桶店」にて修業をしながら、桶職人としての技術習得や桶文化継承、発展活動を行います。また、川俣町内の畑を活用したホウキモロコシ生産と箒の製作販売やフォトグラファーとしての活動も並行します。これらの活動を通じて、人々が集まる川俣町の拠点作りを目指します。

  • 【起業・個人事業主型】スタルジンスカヤ・ナスタッシャさん

    ベラルーシ出身。福島大学院経済学研究科を卒業し、福島県の12市町村の起業希望者と地域のマッチングの仕事にも携わっていたナスタッシャさん。川俣町では、川俣町産の農産物を専門に扱う販売店、川俣町の地場産品を使ったベラルーシ料理店の開業及び農家を対象としたEXPO(マルシェ、講演会、交流会、ビジネス等)の企画運営を中心に活動していきます。「農」をテーマに、母国ベラルーシと福島県の架け橋として活躍することを目指します。

  • 【雇用型】根本 文也さん

    福島県二本松市出身。株式会社smile farmで就業する根本さん。地域おこし協力隊に志願する前に、代表取締役の谷口豪樹さんと出会い、農業そして川俣町の可能性を感じました。 前職では営業職・建設業に従事しており、農業は未経験ですが、未経験者だからこその視点や前職での経験を活かし、川俣町の交流人口の増加や、IターンUターンの方へ向けたまちづくりを目指します。

  • 【雇用型】牛田ジョシュア昭彦さん

    愛知県出身。日本とコロンビアのハーフで、現在、福島大学食農学類の3年生の牛田さん。入学を機に福島に移住しています。川俣町では、株式会社smile farmの一員として観光農園の運営に携わっています。その中でも、農産物を使った6次化商品開発や、アンスリウムを使ったフラワーアレンジメント体験で、人々が川俣町を訪れるきっかけとなるような観光農園の運営を目指します。

スケジュール

  • 1.

    オンライン説明会

    興味を持ったらまずは説明会へ参加! 下記日程でオンライン説明会を実施します!
    川俣町のこと、地域おこし協力隊のこと、申し込む上での不安や相談など、まずはざっくばらんにお話しましょう!
    【日程】※各回18:30〜19:30
     10/3(月)・11日(火)・17日(月)・24日(月)・31日(月)
     11/7(月)・14(月)

    申し込む

  • 2.

    受け入れ先面談

    「働くイメージ」を具体的に想像! オンライン説明会で興味を持っていただけたら、次は実際に働く上で関わる事業者さんとお話の機会を設けます。説明会よりも深く事業について理解することで、入隊後のイメージを具体的にしましょう!

  • 3.

    お試し移住ツアー

    「暮らすイメージ」を具体的に想像! 地域おこし協力隊選考申し込み前に現地に来ていただくことをお勧めしています!選考とは別にお試し移住ツアーを企画しており、「川俣町での暮らし」を体験ていただけます。ぜひ一度足を運んで町の雰囲気を五感で経験してみてください!

  • 4.

    一次選考

    必要書類を11/25(金)までに提出!(当日消印有効) 上記を経て、イメージが湧いてきたらいよいよ書類の提出です!書類提出には、現在お住まいの自治体から受け取る必要のある書類様式もあるため、お早めのご準備を!エントリーお待ちしています!

  • 5.

    二次選考

    事業者・川俣町との現地面接! 一次選考(書類選考)通過後は、12月中旬に現地で最後の面接です!事業者さんとの面接、その後に、川俣町との面接を行います!
    みなさんにとっても、川俣町にとっても、これからの3年間がより有意義なものになるために想いを伝え合いましょう!

  • 6.

    内定

    いよいよ活動開始! 二次選考を通過したら、いよいよ活動開始です!
    活動開始は2023/4/1になりますので、それまでは移住および活動開始の準備を行う期間となります。
    全力でサポートしますので、安心してご相談ください!

pagetop